出演作品感想

映画『エスケープ・ルーム』

room

『エスケープ・ルーム』

エスケープ・ルーム (吹替版)

新品価格
¥399から
(2020/6/28 13:57時点)

今回はこちらの作品です。

アマゾンのPrime Video でレンタル購入しました。

プライム会員であってもなくても同じ値段でレンタル購入できるのは、便利ですね。(レンタルの場合、制限時間があるのでご注意ください)

ざっくりあらすじ&感想

これは私的にとても面白い作品でした!
部屋全体がギミックになっているのでビジュアル的な変化も大きく、次どうなるんだろう?!とまさに手に汗握る展開で最後まで楽しめました。

ホラーものといっても直接的なグロい描写がなかったので安心して楽しめました。

6人が脱出ゲームに招待されたことで物語が始まります。

みんなで協力しながら一部屋ずつ乗り越えていきます。

一見なんの共通点もないバラバラな6人。

しかし、部屋の所々に6人のトラウマが組み込まれていて
本当に徹底的に調べられて集められた6人なんだという、趣味の悪い描写がとても良かったです。

一度ラストまで見て、再び始めから見てみると、あらゆる”ちょっとしたところ”に散りばめられているのが分かります。ほんと悪趣味( ;∀;)

集まる前の6人の説明が短かくテンポが良かったり
精神的に追い詰められていくような話の割に、人間関係のトラブルが少なく
どんどん謎解きに向かうので、ストレスなく見れました。

ビジュアル的に面白!!!!!!!!!とめっちゃ興奮して見ていました。

セットがめちゃくちゃ豪華なんですよね。

例えば予告にも出ている最初の赤い部屋は

room

脱出に近づくごとに、部屋全体が少しずつオーブンのように変化して熱くなっていくシステムです。

早く脱出しないと😭コエーーー( ;∀;)

こういう、じわじわ追い詰められていく心理的な怖さ。シチュエーションスリラー。面白いですね。

吹き替えキャストの皆さん

 

ゾーイ・デイヴィス :テイラー・ラッセル(花澤 香菜)
ベン・ミラー :ローガン・ミラー(浪川 大輔)
アマンダ・ハーパー :デボラ・アン・ウォール(小若 和郁那)
ジェイソン・ウォーカー :ジェイ・エリス(鈴木 達央)
マイク・ノーラン :タイラー・ショーン・ラビーン(松川 裕輝)
ダニー・カーン :ニック・ドダーニ(榎木 淳弥)

公式サイトより

 

ヒロインの花澤 香菜さんが可愛かったし、裕福な投資家の鈴木 達央さんもカッコ良かったです…

 

ステイラックからはこちらの二人がご出演

ベン・ミラー :浪川大輔さん

ベン

脱出ゲームの参加者6人のうちの1人

冴えないフリーターの若者
普段はスーパーの定員さん

ザ・青二才!!!!

冴えない青年ということで正直かっこいいシーンはありませんが
ふとした声が色っぽいので、冴えないと言いつつちょっとカッコイイ.….

すみません、ただのファンです。

面倒なわがままを言いいだしても、優しいお声なので、

根は良い人なんだろうな感がでるのが、なんかずるいですよね。

アマンダ・ハーパー :小若和郁那さん

脱出ゲームの参加者6人のうちの1人

イラク帰りの元陸軍兵士、女戦士です。
服の下から見える体の傷痕が痛々しい。

小若さんは男の子役おばさま役もこなす、かっこいいお声の持ち主。

元陸軍兵士ということで、今回かなりのアクションをこなすアマンダさん。
惚れ惚れするような力強いアクションの映像にちょうど良い息づかいがぴったりでかっこよかったです!

興味のある方はぜひ!(n*´ω`*n)

 

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA