出演作品感想

アニメ『 恋は雨上がりのように』村井雄治さん:山本先輩役

山本先輩

『 恋は雨上がりのように』村井雄治さん:山本先輩役

『恋は雨上がりのように』

TVアニメ 全12話

眉月じゅん先生原作のアニメ

あらすじは

海辺の街を舞台に、どう見ても”うだつの上がらない中年男性”を好きになってしまう女子高生の恋模様を描いたお話

タイトルがよく表現しているように、とても叙情的な作品でとにかく心象風景の綺麗な作品です。

・人を好きになるどうしようもない気持ちや切ない気持ち

・人を好きなだけで見える世界が明るくなる幸せな気持ち

そんな気持ちがこの作品の世界観を作っています。

山本先輩

主な登場話数:8話 静雨(せいう)

苗字だけで名前は不明。

男子サッカー部のキャプテンでイケメン。他校にもファンがいるようなモテ男”くん。

陸上部の「はるか」のことを、密かに気にしている。

登場シーン

怪我で陸上部に戻ってこなくなってしまったエースの「あきら」(主人公)

同じ陸上部で「あきら」に戻ってきてほしいけど、彼女の気持ちや行動が理解できずに悩む「はるか」

そんな元気のない「はるか」に「最近もう一人の女子と一緒にいないよなー」という感じで山本先輩が話しかけてきます。

突然サッカー部のモテ男くんに話しかけられて

警戒する「はるか」に、意外にも不器用な感じで話をします。

 

自分の悩みを遠回しに吐き出す「はるか」に

”エースの戻りたい気持ちと周りの期待ゆえの戻ってくる怖さ”を優しく語ってくれます。

(実は彼も怪我で好きなサッカーから離れていたのです)

彼だからわかる気持ちを

物語の外側から、彼の言葉で一生懸命伝えてくれます。

この”気になっている女の子”に元気を出してほしくて、探りながら絶妙なニュアンスで話す演技に私はグッときました。この声優さん好きだなと思いました。

些細な登場人物の気持ちとシンクロするような心象風景が描かれるこの作品

そんな作品の中に

「一見イージーモードで生きてるように見える青年の不器用さ」

が上手に入りこんでいました。

まー、はるか的に山本先輩は今まで、まったく視界に入っていない人物なのですがね

元気のない「はるか」を密かに日々気にしていたかと思うと、かわいらしいキャラですね。

山本先輩

 

↓8話ですよ。是非ご覧ください。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA